いつでも、どこででも

スピードミントン®製品なら、いつでもどこででもゲームを楽しめます。 必要なのはラケット2本とスピーダー一つ®だけ。スピーダーは風速4の状況でも30mは飛ぶようにデザインされており、アウトドアでも十分楽しめます。公園でも、路上でも、裏庭でも、気軽にどこででも楽しむことができます。ネットも必要ありません。ナイトスピーダーを使えば、夜間でもプレイができます。


本格的なゲームをお望みなら、スピードミントン®イージーコートをご用意しています。5.5m四方のコート2つを12.8m間隔であっという間にセットできます。スピードバドミントンの試合の様子をご覧いただけます。

 

スピードバドミントンの試合の様子をご覧いただけます。

遊び方

1. ファンスピーダー(赤い羽根・黄色いキャップ)を打つことから始めましょう。

2. プレーヤー二人の間を5m開けてください。

3. サーブはウエストの位置からしなければいけません。

4. スピーダーTM®に慣れておいででしたら、パートナーとの間隔は10m開けてください。

5. マッチスピーダーに変えてみましょう。(黄色い羽・赤いキャップ) マッチスピーダー®の場合はパートナーとの間隔は12-15m開けてください。

6. もし風が強い場合はウインドリングをキャップに装着してください。

7. 試合をやってみましょう。イージーコートをお使いください。(12.8mの間隔で、5.5m四方の2つのフィールドを簡単に用意できます)

8. I夜間に遊びたいですか?ナイトスピーダー(黄色い羽・透明なキャップ)に  スピードライトを差し込んでお使いください。スピードライトをカチンと折って、キャップにしっかり差し込めば準備完了です。夕暮れ時から暁方までお楽しみください!

Crossminton ルール

ゲーム

いずれかのプレイヤーが16点獲得したところで1セットが終了する。得点が15対15またはそれ以上になった場合、一方のプレイヤーがアドバンテージ2ポイントを獲るまでゲームを続ける。2セット取った方が勝ち。

サービス

サーブは3回ごとに交代する。全てのサーブがカウントされる。得点が15対15で同点になった場合、その後は得点ごとにサーブを交代する。サーブはコートの内側サービスゾーンで行う。ラケットは自分のウエストの位置より下から打ち出されなければならない。各セットでは毎回、前のセットで負けた方に最初のサーブ権が与えられる。

点数

・スピーダーが地面に触れた時。スピーダーがライン上に触れた場合は、カウントされる。体がスピーダーに触れた時はカウントされる。

コートチェンジ

各セット終了後にコートチェンジをする。第3セット(タイブレーク)が必要になった場合、 各選手は6ポイントごとにコートを交代する。

公式トーナメントルール

ドイツのクロスミントン協会(DCV)と国際クロスミントン機関(ICO)の公式大会ルールはこちらをクリックしてください:

DCV
ICO